城所建設株式会社 神奈川県川崎市 とび、土工、建設工事一式

コンクリート打設工事

コンクリート打設工事

コンクリート打設工事は、枠組みが出来た後にコンクリートを流し込み、コンクリートが偏ったりすることがないよう、木槌やバイブレーターを使用してコンクリートが平らな状態になるようにします。
コンクリートの流しいれも、スムーズに行えるように事前に車の搬入ルートや、どこからどれくらいのコンクリートを流し込むのかということを打ち合わせをします。

  • 現地調査
  • BIM使用
  • BIMで作成したイメージ

コンクリートの調整

状況に応じてコンクリートの調整を行います。その場所の日照具合や上に建つ物の重さや大きさ、コンクリートの使用目的によって微調整を行わないと、コンクリートが割れてしまったり、強度不足になってしまうからです。その日の天気や、工事を行う場所など様々な要素に応じて、コンクリートの濃度を変化させ、コンクリート同士のつなぎ目が出来ても割れないよう調整をします。
大切な基盤を作る工事だからこそ、全ての工程を慎重に丁寧に行っていく必要があります。

理想的なコンクリートを目指して

実際に弊社で足場仮設工事をさせて頂いた事例です。写真から詳細が見られますので、是非ご覧ください。

現場によって、適したコンクリートは違いますがその都度ベストなコンクリートを生成出来るように、BIMでのイメージを元に施工前にコンクリートの試作をいくつか作ります。

1.硬化組織が生成されるようにする
2.粗骨材が多くなるようにする
3.コンクリートの密度を高くし、丈夫にする

こうしたコンクリートを調合するときの目標を立てて、試作を作ります。試作が出来てから、その試作を分析します。それが実際の現場で使えるかどうかを検証します。

施工までの流れ

ミーティング

BIMのイメージを元にミーティングを行います。その時、コンクリートの強度や必要な量など、全員が把握出来るようにします。

現場説明会

当日現場に携わる関係者など、全員集まりイメージの共有やコンクリートの試作について意見交換、どういったコンクリートにするかを話し合い最終決定をします。

施工当日

  • 城所建設株式会社
  • 1966年設立 とび・土工・足場仮設工事のことならお任せください。
  • お気軽にご相談ください。044-555-3131
  • メールでのお問い合わせはコチラ